熊谷登久平アトリエ跡に住む専業主婦は大家の嫁で元戦記ライター

台東区谷中の洋画家熊谷登久平のアトリエ跡に住む次男に嫁いだ主婦の雑談

市川市、行徳の自性院にある勝海舟の石碑の案内板

市川市の行徳にある自性院さんの境内に立っている勝海舟が熊谷伊助の死を悼んだ歌碑。
義父と同じ岩手県千厩の商家日野屋を生家とし幕末、仙台、江戸、横浜で活躍した勝海舟の親友で横浜開港の功労者の一人。
勝海舟日記にも何回も名が出る。

残念ながら子が横浜市に資料を貸していたら関東大震災によって焼失し、また生家のある千厩の役所も焼失したために謎多き人になってしまっているが子孫は今もいる。

その子孫が知らないうちに市川市勝海舟の歌碑の説明板を立てたのはよいが、勝海舟が愛した女性に贈った歌碑的な説明文になっていて、私びっくり。
岩手県千厩の人も気がついて市川市に連絡するも責任の所在がわからなく、足立区立郷土博物館で調査員経験がある私が資料を集めて、交渉して市川市の博物館やお寺さんや檀家総代にも協力頂き、やっと案内板の内容がなおったと思ったらやっつけ仕事の直し過ぎて、また抗議。

本日無事全面訂正になりました。

協力頂いた皆様、ありがとうございます。

f:id:TokuheiKumagai:20201119205947j:plain

f:id:TokuheiKumagai:20201119210109j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20201119210124j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20201119210114j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20201119210120j:plain

f:id:TokuheiKumagai:20201119211235j:plain