熊谷登久平アトリエ跡に住む専業主婦は大家の嫁で元戦記ライター

台東区谷中の洋画家熊谷登久平のアトリエ跡に住む次男に嫁いだ主婦の雑談

樹川さとみ先生

 

昨夜、友人からの電話で樹川さとみ先生の訃報を知る。

長い闘病の終わりであったそうだ。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%B9%E5%B7%9D%E3%81%95%E3%81%A8%E3%81%BF

私は樹川先生の小説が好きだったが、絵描としても好きだった。
イーストプレスで企画編集をした百合アンソロジーで小説だけでなく表紙もお願いしたことがある。
届いたラフをみてゾクゾクした。

完成イラストの色の配置の美しさにデザイナーたちとこれを壊さないレイアウトに悩んだ。

 

 

 

名古屋のSF大会CAPCOMでは同行頂き、同じホテルに泊まった。

あの時は明智抄さんも元気だった。私は明智さんと同室だった。

還暦近く生きると見送ることも増えていく。

私が企画編集をした百合小説アンソロジーは3冊あり、その表紙をお願いした2人が亡くなった。

 

 

かつて私は知能低下と記憶障害を患い、呂律もおかしくなった。

自分が信用できなくなり、人間関係が怖くなり携帯電話の番号を変えて多くの人から逃げた。

 

 

不義理を重ねた。

申し訳ない。

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

f:id:TokuheiKumagai:20220521060017j:image

早乙女勝元先生の告別式だった

早乙女勝元先生は私が先生というのに対して最後は開き直っていた気がする。

でも早乙女さんとはどうしても呼べなかったです。

 

f:id:TokuheiKumagai:20220520194010j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220520194036j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220520194015j:image

私が手伝った本も並んでいた。
f:id:TokuheiKumagai:20220520194045j:image

 

早乙女先生と同行取材の時の写真。

青い傘を持ってる日向一泰さんが今日持ってきて下さったアルバムより。
f:id:TokuheiKumagai:20220520194034j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220520194039j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220520194043j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220520194031j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220520194025j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220520194020j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220520194013j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220520194023j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220520194018j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220520194028j:image

 

f:id:TokuheiKumagai:20220520194610j:image

 

↓1976年1月谷中のヒマラヤ杉。

ヒマラヤ杉小さい。

この頃、撮影者日向一泰さんは上野桜木の中銀上野パークマンシオンに在住。
上野桜木のマンシヨンは中銀カプセルタワービルとほぼ同時期に販売され、日向さんの記憶では価格も似たようなものだったとのこと。

日向さんは、一式陸行のプロペラで有名なマニアホビーの店主さんでもあった。

 

f:id:TokuheiKumagai:20220520222215j:image

 

 

 

 

太平洋展 メトロポリタン美術館

いつもお世話になっている太平洋画会の太平洋展へ。

f:id:TokuheiKumagai:20220519214354j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519214208j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519214205j:image

↓太平洋画会の公式Twitterの中の人の作品。

この人は光をのせるのがうまい。
f:id:TokuheiKumagai:20220519213807j:image

↓なんとなくウクライナを思う。
f:id:TokuheiKumagai:20220519214402j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213705j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519215129j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519214257j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519214352j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213805j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213713j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519214359j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519214243j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213732j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213702j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213718j:image

↓何回かお会いしていた先生。


f:id:TokuheiKumagai:20220519214232j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213721j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213740j:image

↓すげーとなった。
f:id:TokuheiKumagai:20220519213751j:image

↓、えっどう描くの的な不思議さ
f:id:TokuheiKumagai:20220519214213j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213659j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213757j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519214235j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519214219j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213735j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519215125j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213800j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213802j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519214230j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519214200j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213650j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519214251j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213729j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519214216j:image

↓空間の切り取りのセンスに嫉妬した。
f:id:TokuheiKumagai:20220519213628j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213652j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213638j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519214224j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213710j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213656j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213715j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519214254j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213633j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519214238j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213707j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519214245j:image

↓、ウクライナが侵略されてから制作してこの緻密な染
f:id:TokuheiKumagai:20220519213724j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519214203j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213737j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213743j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213754j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519214211j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213630j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519214357j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519214226j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519214248j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213644j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213647j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519214300j:image

↓これが版画と怯えた。
f:id:TokuheiKumagai:20220519213746j:image

太平洋展のついでにメトロポリタン美術館展へ。
セザンヌの『林檎と梨のある静物』がずっと観たかったので叶った。
良かった。
f:id:TokuheiKumagai:20220519214158j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213635j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213727j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519214221j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220519213642j:image

↓友人とお茶
f:id:TokuheiKumagai:20220519213749j:image

池袋モンパルナス

ご案内状を頂いたので『桂川寛小熊秀雄、池袋モンパルナスの会会員展』が開催されている池袋に行ってきた。

写真を撮り忘れたが、一枚強烈な色使いとタッチの作品があり浮かび上がる花と花瓶に語彙力がなかった。

 

 

 

f:id:TokuheiKumagai:20220518211631j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220518211628j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220518211548j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220518211617j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220518211608j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220518211634j:image

そして、帰りに東京交響楽団のアンサンブルのリハーサル聴けて嬉しかった。
楽団員さんたちが合間の打ち合わせで笑ってて、それも嬉しく。

関東大震災から復興していく東京が、周辺を合併して大東京市となったのが母と早乙女勝元先生が生まれた昭和7年

私が長く暮らした足立区も昭和7年から東京市になった。

足立区の古庄区長が東京市になったら電気が24時間になったと30年前に話して下さったのも懐かしい。

あの頃、古庄区長と佐々木教育長は共産党早乙女勝元先生とは色々思うことがあったかもだけど、戦争記録を残す大切さは理解されていて頑張るように言ってくださったし、足立区の教育委員会の予算で早乙女勝元先生の講演をやることにも何も言われなかった。

古庄元区長は従軍経験者で足立区の空襲は経験してないけど復員した時に見た光景があり、またキャサリン台風の大災害も経験され土木に力を入れておられたので、のちに色々言われるようになった。

下水の雨用と汚水用を別に整備したのは最近の都市型洪水を見ると無駄ではなかったと思う。

でも話しをもっと聞いておけばよかった。

 

つか大東京市から90年。

母が生きていれば90歳。


f:id:TokuheiKumagai:20220518211556j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220518211622j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220518211619j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220518211637j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220518211543j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220518211603j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220518211551j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220518211614j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220518211546j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220518211554j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220518211600j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220518211606j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220518211611j:image
f:id:TokuheiKumagai:20220518211625j:image

早乙女勝元先生の告別式

早乙女勝元先生の告別式が20日1時寛永寺であるとのこと。

極近所だ。

https://mainichi.jp/articles/20220516/k00/00m/040/132000c.amp

 

ご長男が輝(テル)さんで、私の息子が輝(アキラ)。

長男の輝一君と双子の女の子を東京大空襲で失った女性をご紹介頂いたこともある。

 

f:id:TokuheiKumagai:20220516200647p:image

 

夫は明日63歳になる。

義兄が61歳で亡くなり、義父のことを色々やってくださっていた従兄が63歳で亡くなっているので夫は不安がる。

 

f:id:TokuheiKumagai:20220516195550j:image