熊谷登久平アトリエ跡に住む専業主婦は大家の嫁で元戦記ライター

台東区谷中の洋画家熊谷登久平のアトリエ跡に住む次男に嫁いだ主婦の雑談

トイレの花子さん 明智抄の思い出

明智さんのコミックスに「図説オカルト恋愛辞典」てのがある。
それには明智さんから明子さん萌子さんことM子さんである私に捧げられた作品も入っている。
明智さんと私との出会いは今考えると非常識なもので当時の月刊誌アウトに漫研の募集ハガキが載った。それは某未来の道原かつみ的な方が出したもで、東映アニメーションの「ダンガードA」の「ドップラー総統」にマイクが向けられて「トニー・ハーケン」との関係を問う構図。
印象的な投稿ハガキだった。
なので当時の明石市に唯一あった画材屋(西明石)の「ミタニ」で未来の道原かつみさん、当時はミミさんにお会いした時に、「それは私です」という旗を背負っておられたので直ぐにわかった。
あの頃、旗は将来出世する人なら大抵あげて歩いていた。
ミミさんに声をかけて、かなりビックリされたがご本人だったので大久保にあった西友で開かれる「佐々木功ショー」にお誘いして、そこに明智さんと一緒にミミさんはきた。
ミミさんが佐々木功さんとゴレンジャーをデュエットしたのも今は懐かしい。
彼女が写真を今も持っているなら撮影者は私だ。コダックポケットカメラで撮影した。

明智さんは細くて長い黒髪が印象的だけど野獣の旗を立てて歩いていた。珍しい旗だった。
この頃、アウトや神戸新聞の趣味欄などのおかけで私の世界は広がり、大友出版にも出入りして同人誌界隈にも出入りしていた。
あの頃の同人界隈は旗を持つ人は多かった。
私は旗がないのでモブだと自嘲していたが、明智さんは明子さんはモブではないわよといつも言ってくれた。
私には私の旗は見えなかった。

図説オカルト恋愛辞典にある、トイレの花子さんのエピソードは私がお願いして書いてもらった。
私が通った明石市立魚住小学校で私は浮いていたのでイジメの対象だったので大嫌いだが、その中で似たような待遇を受けていた女の子が癌で足を切断した。
彼女も空気を読まないタイプなので私と話せる人だった。彼女の入院中に溜池で囲まれた魚住小学校のトイレの一室が洋式に改造された。
入り口から一番遠い個室だったのが、あの魚住小学校らしいなと今も思う。片足になるのだから入り口近くにすれば良いのに。
汲み取り式の臭いトイレの中にズラッと並ぶドアの一番奥の洋式トイレ。

松葉杖と義足の彼女はそのトイレを使っていた。夏休みが終わったら彼女は死んでいた。

私には八歳下の弟がいるが、弟から小学校の旧校舎のトイレの花子さんの話を聞いた。
彼女はオバケとされていた。
あんな薄暗い汚いトイレに地縛霊とされている。でも私が見た彼女は自転車で走り回っていた。相変わらず空気が読めない言葉を発していた。


トイレといえば、明智さんの作品の中に女性漫画家が二人住むアパートが出てくる。あれのモデルは明智さんとミミさんだろう。
指をオオサンショウウオに食べられて漫画家を断念した女性は飼い主に結婚を迫る。
結婚式の日、トイレから出てきた漫画家は主人公と話す。
主人公はその漫画家の幸せがどこにあったかを知っている。

明智さんは風呂掃除がとてもうまかった。
我が家の風呂も綺麗にしてくれた。

トイレ、トイレも綺麗が好きで、明智さんは部屋を片付けるのが下手なのに風呂とトイレは綺麗にする。
で、我が家に泊まってくれた時に、我が家のトイレをウォシュレットにしてくれた。
だから今も我が家のトイレには明智さんのウォシュレットがある。

そして私はトイレで泣くのだ。
だから夫はトイレの前で「明子さんトイレの地縛霊にならないでください」と、明智さんが驚いた美声で懇願している。

明智さんの作品に私はデビュー作から出ているが、あまり良いのはないな。
彼女の小説の中の私は結構ひどいなと思ったり。

で、これから誰が私を引っ張ってくれるのだろうか。
明子さんはモブじゃないのよと言ってくれるのだろうか。


f:id:TokuheiKumagai:20200813234837j:plain

虹が出た。

うちの窓から見えるヒマラヤ杉。
その下のみかどパンさん。
屋根がなんか気になる。

https://twitter.com/yanakakumagai/status/1293840588198965250?s=21

橋本病が悪化しているのか昨日今日と体調が悪く、今日は全身が痺れていて思考も鈍っている。
呂律も悪くて喋りにくい。
左半身の動きが変だ。
これらの症状は橋本病とわかるまで数年間検査に明け暮れて、筋肉の細胞も取られ、電気も流されて痛い検査を沢山した。
たまたま前日に橋本病の学会に参加した医師が専門病院を紹介してくださって、甲状腺の機能が低下する橋本病だと診断されて、甲状腺ホルモンを飲むことで日常生活を送れるようになっている。

自分では脳の栄養である甲状腺ホルモンを作れなくなっているので、普段飲んでいるので足りない時は体調が悪くなる。
歩くのもやっとになる場合もある。

面倒な病気だと思う。
ホルモン剤を飲むだけの対処療法しかないし。


f:id:TokuheiKumagai:20200813193130j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20200813193253j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20200813193147j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20200813193141j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20200813193144j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20200813193138j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20200813193127j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20200813193133j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20200813193259j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20200813193157j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20200813194202j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20200813193124j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20200813193150j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20200813193154j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20200813193256j:plain

適当な晩御飯

夫があるもんで晩御飯つくって良いよと言ったので豚肉と油揚げと満願寺とうがらしをつゆの素で炊いたのと、白ネギと豚の頬肉と豚トロを強火で炒めたのと、タレに漬け込んだ角切り牛肉に片栗粉をまぶして揚げたり。
その中で夫が喜んだのは白ネギと豚肉を炒めたの。
夫、結構食べた。

満願寺とうがらしのは友人が喜んだ。

食欲ない人の食事の用意は結構悩みます。

何度も書き直しても上手く書けない。 明智抄さんの訃報がでた

9日に明智抄公式ファンクラブの伊藤さんが死去を公開した。
訃報が届いてからもご遺族の希望により皆黙っていた。

明智さんが死んだ。

我が家のウォシュレットは明智抄さんからの贈り物で、それが彼女の形見になってしまった。
我が家の小さな中庭を彼女と開墾して畑にする夢は消えた。


今月初旬に訃報が届いてから、トイレで彼女の形見のウォシュレットを使うたびに泣いたり悔しがったり、百面相をしている。
15歳からの付き合いだったから喧嘩もよくした。
家族ぐるみ付き合いでもある。
互いの子は幼馴染となっている。

突然亡くなられたことに対して言いたい事が山とあるし、私には恨みたい相手もいる。
彼女は愛する女として死んだと思う。

JUNEのエヴァゲリオン本、「残酷な天使のように」に誘ったのは私だけど、あれが彼女の人生を変えたのかも知れない。
後悔もある。

歴代の猫たちと大好きだったお父様とあの世で仲良くしていてくれたらと願う。




f:id:TokuheiKumagai:20200811141601j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20200811141556j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20200811141548j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20200811141535j:plain

f:id:TokuheiKumagai:20200811141539j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20200811141532j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20200811141551j:plain

平林てい子さんの本の表紙の絵への未練

平林てい子さんの小説の表紙に義父の熊谷登久平の作品が使われて、その時の版下的なのも我が家にあった。
その絵は戦前の作品で、義父もお気に入りだったようだ。山形の女性へ出し損ねたラブレターにはこの作品の絵葉書を使っている。
前にも書いたけど、この絵、私は好きだ。

戦後、新宿の厚生年金会館に展示されていて、身内、近所の人もよく覚えてらした。
でも残念ながら厚生年金会館が取り壊されてマンションになったことで行方不明になった。
厚生労働省に問い合わせたが、もうわからない。
建物と一緒に破棄されたのかもしれない。
どこかにあれば良いのだけど、いつか出てきてくれたら良いなと。

平林てい子さんも戦前に左ということで弾圧された作家さんだ。
義父の謎で、平林てい子さんだけでなく、他の女性活動家の作品の挿絵も書いている。

どういう縁だろう。

f:id:TokuheiKumagai:20200810134316j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20200810134305j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20200810134311j:plain

f:id:TokuheiKumagai:20200810134507j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20200810134501j:plain

ここに高射砲陣地があった。錦糸公園

関東大震災で死者を出した東京都は、江戸幕府が日除け地とした空き地を文明開化の勢いで潰していた。
反省した東京都は避難場所兼火除け地をあちこちに作ったが、多くは高射砲陣地などに転用された。
錦糸公園もその一つだけど、ここに逃げ込むことができた人の多くは助かった。
浜町公園の高射砲陣地は人を受け入れず、明治座の悲劇を迎えた。


f:id:TokuheiKumagai:20200809190133j:plain

さし歯がとれた

さし歯がとれたので歯医者さんに行った。
お盆明けまで歯医者さんは休むので次は24日。
食べにくい。

谷中銀座の肉のサトーさんに夫が好きな肉があり、シンプルな肉野菜炒めを作り夫結構食べた。
デザートはカットパイン。

娘浴衣で浅草に行き、着物警察に遭遇したそうだ。
帰りのバス停で女性が直して下さろうとしたそうだ。

娘、浅草の老舗蕎麦屋の十和田さんで食事をして揚げ玉を持ち帰ってくれた。
先日ツイッターでも十和田の揚げ玉が美味しいと書いたがそれは娘には話してない。
ただ十和田に家族で行くと揚げ玉をもらって帰り明石焼きの具にしていたことを覚えていたようだ。
浅草の蕎麦屋はうちは十和田と尾張屋。
尾張屋は海老天が好き。
十和田は鴨が好き。