熊谷登久平アトリエ跡に住む専業主婦は大家の嫁で元戦記ライター

台東区谷中の洋画家熊谷登久平のアトリエ跡に住む次男に嫁いだ主婦の雑談

夫結構な怪我

交通事故以後、足腰が不自由になっている夫がコンクリートの上で転倒し結構大変になっている。

夫、心臓のサルコイドーシスからどんどん弱っていくようで怖いので、昨日はすがりついて泣いてしまった。
精神的にも肉体的にも夫は疲弊しているのに外ヅラが良く、頼まれたら断れない。
そのうちパタっと死んでしまうのではないかと不安だ。

私は離婚されるのが怖いし、死なれるのも怖い。

なので、去年のギャラが安いエアコン程度の自分がもどかしいし、今やっているのも振り込まれるのは秋だ。

とか書くと連日豪遊してて馬鹿みたいとかになるかな。

夫の父親である熊谷登久平を、再評価に持っていこうと努力し私財で熊谷美術館を建てた、(義父と義父を支えた内縁の妻が可愛がり養子になるはずだった)英三さんも60代で亡くなり宙ぶらりんとなった調査。今年は英三さんの十三回忌だが、ご存命だったら横浜の熊谷伊助と熊谷登久平の資料館が完成していただろう。場所も決まっていたと聞く。


それら、ある程度形にしたいのだけど、私にできるのだろうか。

先日、豪遊と共に指摘されたが、「事実誤認が多く知らないことへの把握が雑で、問題は自分が何を知っていて何を知らないかを俯瞰できていない」
今までの私への評価だが、事実誤認が多いとされると、やり直すしかない。
下手なことをやると取材相手にも古巣の足立区立郷土博物館や資料を提供した江戸東京博物館にも大変な迷惑をかける。常設展示物もあるし、やばくないか私。
指摘された私は結構パニクっている。
根なしの残念さだわな。


やり直すとして夫が持つだろうか。
義兄が亡くなった年齢になり、従兄の英三さんが亡くなった年齢にも近づいている。

義父の高齢の従弟たちがまだご存命で、彼らの記憶も私には必要なのだが、コロナ禍で今は岩手県にいけないから焦っている。

本当に夫は祟られているように私と結婚してから難病と落雷という自然災害と交通事故と、転倒。
大丈夫なんだろうか。
不安だ。

テイクアウトは豪遊 

某日、私が豪遊ばかりをしているとの指摘あり、何をもって豪遊なのかとても悩んだが本日気がついた返信だとテイクアウトのことだった。

我が家は自営業で一日中家族が家にいる。

コロナ禍で家族が家にいるようになり、悲鳴をあげている家事担当者も結構いるかと思うが我が家は常にそれなわけで、私に他に用がないわけでもなくたまに仕事をしているし、今は山場だ。
近所にチェーン店は少ないし、観光地に住んでいるからテイクアウトをしている店は豪遊に見えるのかも知れないが、テイクアウトをよく買う有名店は夫が義母の介護で外食ができなくなる前の常連店だったりもする。
私は以前ほど飲めなくなり夫は全く飲めなくなった。
地元の古い居酒屋さんの持ち帰りできないメニューをテイクアウトできる喜びは、お店さんには申し訳ないけど、とても美味しい。

なんだかんだと、残念ながら私には読解力がないので、常に苦労している。
私の頭が悪いこともご指摘頂いているが、足りないのを知っているから調べて、資料を古本屋さんから仕入れている。
本が増えている。
部屋を占領している。今家に金を入れず取材費と資料費に使っている、夫に離婚されたらどうしようと不安になることもある。
一度結婚で失敗しているし、離婚は大変だった。

こちらはキチンと返事をしているつもりだが、論点が先のものと変わってご指摘が新たに来るように感じるのだけど、多分言語が違う。

で、日に3食作らないでテイクアウトを1食入れることがあるのが豪遊になるのか理解できない。
テイクアウトしてるの夫の好物が一番多いし。

例えばスーパーで惣菜を買うのと同じ感覚なのだか、一番近いスーパーは混むし、私はなるべく八百屋さんやお肉屋さん魚屋さんで買い物をしている。

豪遊の指摘、最初は私があちこちの取材を新幹線などを使い、名物を食べ、ホテルの個室に泊まっているのが豪遊なのかと思った。

若い頃は夜行バスを駆使して取材をしていたし、泊まるのもユースホテルなどの格安宿。
泊まらないで夜行バスの車中泊だけも多かった。
今は夫の友人から株主優待券をもらい便利な場所に宿を取れたりするし、信州への取材も新幹線なら本当に日帰りで車中泊もない。
義父が絵を描いた場所を訪ね歩き、痕跡を探している。

コロナ禍が無ければ、今年度は既に岩手県山形県と長野県の美術館や図書館に行っている筈だった。
そのためにJR東日本を安く使える期間がある大人の休日倶楽部に入った。

私もコロナ禍で予定が狂い、収入が減り焦っている人間の1人だと思うのだが、収入が減っていても金を使わなければ欲しい資料が手に入らない場合もある。
事実誤認が多く知らないことを知っているように騙ると指摘しているけど、知らないことを知らないで語っていると理解できていたら私は幸せなわけで、知らないことだらけなので私は悩んでいる。

今探している中で、近所にあった義父が書く上野の山に1年だけあったというモンパルナス。
浅草のシュルシュル会がそれだと書く人もいるが地名が違う。
あとは戦後に上野桜木で発足した上野の山の美術家の会。
リーダーと世話人、展覧会は上野松坂屋で数回なのは掴んでいるが関係者はほぼ亡くなっている。
知らないから面白く、知らないから調べて、沢山面白ければ世に出したい。沢山面白いを共有できる人が欲しい。

それがなければ、やらない。
私にとっては同人誌でもやった布教本とズレてないわけですよ。商業誌でやったレビューと同じ。







夕焼けだんだんの#ザクロ 谷根千 テイクアウト

昨日娘が友人への誕生日祝いを買うというので #ザクロ へ。
日本一ウザい店長のアリさんは買い物に行ってて留守。
娘が雑貨を選んでいる間、テイクアウト料理で悩む。
昔、ザクロの斜向かいに夫のお得意様の美味しい寿司屋があって、築地に仕入れに行くためのバイクはうちで購入していただき、メンテナンスもうちで引き受けていた。
そのバイク、スーパーカブを軽トラの荷台に乗せる時に自然と手伝ってくれるのがアリさんだった。
なので、夫は結構恩義を感じており来客にはアリさんの所の食事も勧める。
日本一の店で生ベリーダンスも鑑賞できて1人3000円でお釣りが来る。
ランプで照らされる店内も幻想的だ。

で、昨日は鶏肉一羽をオリーブとトマト山ほどに玉ねぎとハーブで味付けしたのを購入。
1000円なり。
トマトとオリーブたっぷりだし、親子3人に充分な量で、取り分けて残った部分は私が朝ご飯にした。
美味しかった。



月刊フラワーズ連載の #風光る 完結。
連載開始時、幼女だった娘がアラサーになり、アラサーだった私には孫がいる。
主人公が愛しているのは沖田さん。
漫画家さんそれぞれの新撰組もの。
私の新撰組木原敏江先生の #天まであがれ! から和田慎二先生の #あさぎ色の伝説 など、少女マンガから始まり、少女マンガで終わるのかもしれない。渡辺多恵子先生、完結有難うございます。

和田慎二先生の「あさぎ色の伝説」も完結して欲しかった。連載時代に新撰組のその後を年表で描いておられて、挿絵の洋装土方さんかっこよかった。
ずっとあの土方さんに逢えるのを待っていた。

少年マンガ銀魂も好き。





















相変わらず人間は難しい。ブルーインパルスは美しかった

この人に言葉は通じないと互いに思っている場合はどうしようもないし、殴り合いになっていくのかもしれない。
そういうのが怖いから諦めて逃げるのだが、私は人間関係の構築が下手なので難しい。

今夫にも私のことで嫌だと思うことは先に言って欲しいとお願いをしている。
蓄積されて後からバンバン私の悪行を並べられても対応できない。





今日はブルーインパルスが東京上空を飛んだ。
うちから見えると思ってなかったから、ほぼ上空を飛んだ時は嬉しかった。
技術の鍛錬の結晶が空を飛んでいることへの感動は言葉にするのは難しい。
言葉の難しさは美味しいものを食べた喜びとかも語彙がない。

今日、偶然、早乙女勝元先生が谷中で家を探していた時に案内した人が店においでになった。
早乙女先生から谷中に住みたかったと去年聞いていて、豆腐屋さんたちが案内してくれたとのことだったが昔のことなので、まさか当事者が我が家のお客様とは世の中狭い。




以下夫が撮影したブルーインパルスの写真。




店に来られたお客様と、私は戦跡も調べているので、その雑談をしていたら早乙女先生が台東区に渡してくれた米軍の資料の話が出て、それを受け取った方でもあった。
私が探していた台東区と戦争の冊子を出した方でもあり、今度貸していただけることになった。

戦後75年が経ち、オーラルヒストリー、聞き取りも難しくなった。
聞き取りができた時代の冊子は台東区の図書館にあるものだけではなく、戦後20年から30年ごろの個人誌はブルーコピー(湿式、ジアゾ式)

https://sp.otsuka-shokai.co.jp/media/it-history/chapter002/copy-1.html

なら保存状態が運が良ければ良いけど、
ガリ版刷り
https://www.gariban-archives.com/what-is-gariban/
だと用紙が藁半紙(西洋紙)でホチキス留めだと痛みが結構早く進行する。

https://j-town.net/tokyo/column/allprefcolumn/224588.html?p=all

ある程度の資料は早乙女勝元先生たちの「東京大空襲を記録する会」が収集したけれど、その資料も収蔵庫に入っているものもあるし、簡単に読めない。

https://tokyo-sensai.net/old/concept/index.html

なので、持っている方に会えて喜んだ。

山手線の高架下の戦跡とか今は消えたものも多く、歩いて探しても見つからないことが多い。
例えば、谷中小学校にあったという機銃掃射の跡は旧校舎建て替えとともに消えた。
よみせ通りのノコギリ屋根のリボン工事に向かって落とされた爆弾のことを覚えている人も私は見つけられないでいる。

義父のことを調べてて裏をとりたいと思っても、死後50年経てとても難しい。
熊谷登久平の戦時中を直接覚えている人も、去年は斜向かいの百をこえてお元気だった奥様が亡くなられて、あとは岩手県に義父の従弟が二人だけ。

鷗外荘は良い。でも私たちが泊まるのは今日が最後。寂しい。

昨日鷗外荘に宿泊し、今朝の食事は牛丼。
フロントに「ここで調理している牛丼ですか」と確認してからお願いしたけど、アタリ。
めちゃアタリ。
とても美味しい牛丼で、肉のサシとかiPhone 6sでは撮影できないけど察してください。

朝食後温泉でゆっくりして、お昼頃にチェックアウト。
今回の部屋は上野動物園のシロクマさんのお向かいなので、ウロウロしているシロクマさんを見ることができました。

お昼は上野桜木の菜の花でお茶漬けランチを。
旨し。
今日からランチ再開とのことで嬉々としてランチ。
普段なら並ばないと食べられない菜の花のランチ。

本郷台の西片に帰る友人と別れ谷中の家に帰宅。
署名記事の打ち合わせなどを済ませるも、結構忙しくなる。

西片に帰る途中に根津の車屋さんに立ち寄った友人から、車屋さんのテイクアウトは今日までと連絡が来た。
慌てて自転車で三浦坂を降りて、あんぱちやの所を左に曲がり車屋へ。
夫が大好きな鯖の一本ずし購入。
上野桜木の菜の花でも夫への土産を買っていたけど、車屋さんの鯖の一本ずしは普段はテイクアウトない、地元民にも幻の鯖鮨。
千葉県船橋市に婿養子に行った息子にも食べさせてあげたかった。



























































上野の観光をしてみる。鷗外荘に泊まるのはこれが最後。

地元なので、徒歩圏をぶらぶらして鷗外荘に泊まっている。
3時にチェックインをして、上野の山下におりたら、
23区のほぼ全てに賃貸物件を持っている築古大家さん界隈の不動産王と崇められている #どエンド さんが、黄金の衣を纏い天に向かって羽ばたいていた。
私も友人も黄金のどエンド像の存在を知らず写メを撮りまくった。
うん、観光客よね。

上野の山下から御徒町に向かい、美味しいプリンで有名な店に向かった。あの、御徒町のegg Baby Caffeで並ばずプリンを食べられるってことに怯えてしまった。
美味し、めちゃくちゃ美味いんですよ、ここのプリン。
並ばないで食べられるなんて、お店大丈夫だろうかと不安になった。

次、歩いて山下に戻る。
やはり行列のできる店、上野のビアバルながおか屋にて晩御飯を食す。

https://nagaoka-ya.com/

私ら酒が飲めないので肉を食べる。
ここは元々娘のお気に入りの店なので、娘とくるとアルコール代金が加わり客単価が倍になる。
私らも若ければザルだったのにねと美味しそうなビールのメニューを見ながら嘆く地元民。

お腹いっぱい食べて鷗外荘まで歩く。
私はいったん自宅に晩御飯を届けに行き、夫に渡して鷗外荘に戻る。

鷗外荘、予約をしていたが温泉に入れないと電話があり一度キャンセル。
温泉復活したと聞き予約し直すも食事はもう予約が埋まっていて、朝食の牛丼だけ頼む。
鷗外荘、前は牛丼がなかったので中で作っているのかと聞いたら中で調理したものだとのこと。

小腹が減った時ようにテイクアウトを探していたときに、御徒町の #むす美 っておにぎりのお店にキムタクって胸にズキューンな名の商品があった。

もちろん購入して鷗外荘に持ち込んだ。
今一口食べて糖質とキムチとタクアンと豚肉の暴力に屈した。
全部食べる。
美味しいよキムタク。
長野だかのご当地メニューらしい。


昔、足立区の給食にタケチャンマンご飯という炊き込みがあった。
給食のおばさんたちが野菜嫌いな子どもに食べてもらえるよう工夫した牛乳を使った炊き込みご飯だったけど、足立区出身の有名人の北野武に因み、タケチャンマンご飯。
今は聞かないけど、レシピは使われているのかなあ。
あれも足立区のご当地メニューだったと思う。

友人と鷗外荘の温泉に浸かり、ここが今月でなくなることを嘆いた。
育児と介護から解放されて、やっとゆっくりできる年齢になったのに、日帰り温泉すら楽しめなくなる。

湯を楽しみながら二人でめちゃくちゃ嘆いた。
































































#白日会 の写真とか。

義父の写真で白日会だと確実にわかるものは2枚だけだけ。
集合写真で、1930年協会か白日会か二科展入賞時の記念写真かは写っている人で判断するしかないけど、私はわからない。

つか戦前はほぼ白日会会員で、独立美術協会は里見勝蔵派ということで会友時代が昭和16年まで続き、ネタにされるほどだった。