熊谷登久平アトリエ跡に住む専業主婦は大家の嫁で元戦記ライター

台東区谷中の洋画家熊谷登久平のアトリエ跡に住む次男に嫁いだ主婦の雑談

美術の窓の池袋モンパルナス特集


#美術の窓 最新号読了

池袋モンパルナスの特集の中に谷中にあった太平洋美術のことが書かれている。
池袋モンパルナスは豊島区が力を入れて調べて展示もしている戦前の芸術家村で、安い家賃で画家たちが暮らし成功すると鉄道会社の分譲地や高級住宅街に転居していく。

戦前、谷中にも画家のタマゴたち向けの下宿がかなりあったが村はない。登久平がモンパルナスと呼んだ上野の山だが、今は沢山の画壇や文壇が住んでいたことは忘れられつつある。

上野の山から田端まで画家が住んだのは美學や太平洋美術があったのは大きいし、東京市立美術館への搬入が楽だったから?
残念ながら文京区台東区荒川区はその調査を熱心にしてるとは言えないので、残念に思う。

なんにせよ、調べ発表できる場所と予算がある豊島区がとても羨ましい。北区も結構やっている。練馬区板橋区も美術館があり学芸員がいる。




ヤフオクに東京航空計器製のものが出てる。

画家だった義父の熊谷登久平は戦争画を描くのが嫌で、コネで国策会社の東京航空計器に入社し徴用を逃れた。
戦争画に協力しないと絵具などの画材は手に入らないと言われているが美術展に作品を出している。
国策会社で零戦などの計器を作る会社に所属していることで絵具が手に入ったのか、溜め込んでいたのか私にはわからない。

東京航空計器で熊谷登久平は地方から徴用されてくる人たちの世話役的なのにつく。
川崎の工場にら岩手から動員されてきた女学生の手記に、これはもしかして義父がと思われる人が書かれている。

で、戦後、社長など上が次々と戦犯容疑で引っ張られ、義父は役職として残り進駐軍との交渉などをした時の記事とかが残ってる。

幼かった次男に零戦の計器を作っていた話しなどをしていたそうだ。


f:id:TokuheiKumagai:20210123210313j:plain

f:id:TokuheiKumagai:20210123210349p:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210123210354p:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210123210402p:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210123210345p:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210123210341p:plain

予定は未定ですが、熊谷登久平展

もしかしたら熊谷登久平展を画廊さんの企画でやっていただけるかもな話があります。

それと来月、2月3日〜2月21日
池之端画廊さんの企画展
『明治 大正 昭和
時代を彩った洋画家たち(Ⅱ)』
にて、上野桜木、池之端(谷中清水町)、谷中に縁ある洋画家たちに熊谷登久平も一緒に並びます。

独立美術展などに一度出しただけの熊谷登久平のお気に入り作品で手放すなと遺言されたものもあります。

熊谷登久平は死後50年を一昨年経ましたが、去年は岩手県立美術館の常設展に並び、朝日新聞に名が出て(長谷川利行のスケッチブックの持主としてですが)、私も古巣の足立区立郷土博物館の美学の学芸員の小林優氏との共著で『美術の窓』に原稿を書くことができ本当にありがたいことだらけです。

沢山の縁に感謝です。
f:id:TokuheiKumagai:20210122232654j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210122232717j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210122232649j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210122232706j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210122232713j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210122232720j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210122232723j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210122232710j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210122232726j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210122232700j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210122232658j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210122232646j:plain

本郷の海燕さんでランチ、根津の谷中コーヒーでお茶、#ギャラリー七面坂途中 にて絵画など鑑賞

ママ友と文京区西片方面のロシア料理の海燕さんにてランチ。
夫が大好きなロールキャベツをテイクアウト。
友人とのんびりと根津まで歩き、谷中コーヒーの根津店にてお茶。
友人は根津駅から足立区の綾瀬に向かった。

帰宅後、池之端画廊の若奥様と、ひるねこBOOKSさん、F9さん、八百屋さんの富士屋さん、ギャラリー七面坂途中をまわる。
七面坂さんの『私の好きなもの』展は12人の作家さんの展示。
ひるねこBOOKSさんは『安達茉莉子』さんの個展。
眼福なり。


f:id:TokuheiKumagai:20210121202604j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210121202608j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210121203842j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210121202626j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210121202637j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210121202540j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210121202557j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210121202630j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210121202611j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210121202713j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210121202601j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210121202710j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210121202553j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210121202546j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210121202543j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210121202622j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210121202549j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210121202716j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210121202633j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210121202619j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210121202616j:plain

寒いので夫婦で寝込んだ 具合悪くても画面の高橋一生って良いよね

夫、交通事故で骨折した場所が痛むそうで今日はほぼ寝込んでいた。
去年の2月18日に交通事故に遭い、いまだ医療費すら加害者側から払われていない。相手が加入していた保険会社の損保ジャパンの担当が気分悪い対応をする人で、強気でどうしようもない。
夫の体調が悪い時は損保ジャパンに対して吐きそうなほどの恨みが湧き上がり困る。

相棒の再放送で高橋一生が出ていたことを知る。
研究者の真面目な助手が闇堕ちする。
その役。
2005年の作品。
若いなぁ。
私が高橋一生にハマったのはドラマの「民王」からで、「おんな城主 直虎」で結構沼にハマった。

良いなあ高橋一生

f:id:TokuheiKumagai:20210119225922j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210119230003j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210119230010j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210119230014j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210119225954j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210119225929j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210119230022j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210119225919j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210119225951j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210119225944j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210119230019j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210119225907j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210119225940j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210119230112j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210119225937j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210119225900j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210119225948j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210119230045j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210119230027j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210119225926j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210119225911j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210119230007j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210119225933j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210119225915j:plain

カレー番長 とかいうカレーパン

夫の友人の奥さんから美味しいからお勧めのカレーパンを家族分以上頂いた。
美味しかった。
向島のパン屋さんだとか。
うちや彼女宅からはバスになる。ありがたや。

#すみだカレー番長

#石窯パン工房KAMEYA(向島店)

kameya-group.com

あとまるマの蜜柑も頂戴した。
丸にマの字が入ったマーク付きのミカンでうまいです。
娘が好きな「今日からマ王」という小説があるが、それも「まるマ」シリーズとか呼ばれているが続編がずっと出てない。

店子さんにミートソーススパゲティを出したら坂角の「ゆかり」をお裾分け頂き、夫が喜んでバリバリと食べている。

坂角のゆかりは昭和時代にタモリが名古屋に美味いもんは「ゆかり」ぐらいしか無い的なことを言ってから全国に知れ渡った。
実は名古屋生まれ育ちの母すら坂角のゆかりを知らなかったぐらい、「ゆかり」は昭和40年代からのお菓子だ。
美味しいです。



f:id:TokuheiKumagai:20210118210056j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210118210053j:plain

f:id:TokuheiKumagai:20210118210819j:plain