熊谷登久平アトリエ跡に住む専業主婦は大家の嫁で元戦記ライター

台東区谷中の洋画家熊谷登久平のアトリエ跡に住む次男に嫁いだ主婦の雑談

あれこれ探して落札して外れだったり

義父が大正10年に神田区の錦町にあった中央大学に入学し、関東大震災まで楽しい学生生活をしていたのは確かなんだけど、谷中の熊谷家に残っている写真では何年に何処で撮影したのかわからないし、関東大震災後図書館だけが焼け残った中央大学ではどのように学んだのかもわからない。

川端画学校での義父については書かれている書籍があったし、一関市の旧制一関中学の義父のことも、義父の従兄の息子さんから一関高校百周年記念誌のコピーを頂いたので少しは掴めた。

でも中央大学に関しては新聞記事にある応援団長や美術部のパレットを創った的なのしかわからないのだけど、残念ながら関東大震災と空襲で焼けた中央大学には一行も資料が残っていない。
この曖昧なままでは書き残せない的な。
中央大学には入学記録と卒業記録は残っているけどね。
。゚(゚´Д`゚)゚。

で、神田区錦町は今は千代田区なんだけど千代田区の図書館にもあまり大正時代の記録がない。
千代田区関東大震災と空襲で焼けたからね。

逆に焼けまくったけど浅草区は小説の題材になったりしているから、ある程度雰囲気は掴めると思っていたら、台東区も資料少ない。

谷中の熊谷登久平の遺品から出た長谷川利行のスケッチブックには浅草でのことが書かれているのと、熊谷登久平とその妻(内縁)も描かれている。
当時妻だった熊谷絹子と名乗っていた女性。
岩手県の千厩の日野屋、義父の実家の皆様や、義父が尊敬していた同じ家出身の熊谷伊助の直系家の方も同情をしているぐらい義父に尽くした彼女。
夫の記憶では彼女の葬式に血縁者も来たそうだけど、今はもう何もわからない。
彼女に関しては追うのは難しいだろうなと。
一関市の義父の従兄さんが持っておられる葉書だけが彼女の悲しみの痕跡だ。

あと、夫の母、私の義母、彼女の立場をとったことになっている義母の女義太夫時代の資料も写真しかない。
これは早稲田大学に運が良ければ資料があるかもと思いつつ、今の早稲田のオシャレ感に逃げ腰だ。
根津から直通バスが出ているのにね。

玉子料理のお店

根津にできた玉子料理のお店にモーニングを食べに行ったら定休日で、残念。
諦めて不忍通りの斜向かいにある根津のたい焼き屋さんでたい焼きを買って帰った。
午後、根津交差点の所に私が10代の頃からあるとんかつ屋さんに行き三陸産牡蠣のフライを食す。

うちからは言問通りをくだって行く店だが、途中のお好み焼き屋さんが今月いっぱいで閉店するとの張り紙。
何回か娘と行ったが満席で食べたことがない。
残念だ。






具合悪い時には肉と娘が言うから牛角

娘が焼肉のチェーン店牛角が半額祭をやっていると言うから日暮里の牛角に行った。
かつて毎年何度も家族で通っていた栃木県鹿沼市焼肉屋が多い市と一時期宣伝をしており、その頃は人口当たりの焼肉店が日本一だったそうだ。
鹿沼では薪で料理をするのがメインだったが、たまに外食をする。

なのでなんとなく入った焼肉屋牛角で、それまで家族で焼肉に行く場合は足立区発祥の江戸一か埼玉県発祥の安楽亭だったので、幼い我が子らは焼肉の網を定期的に交換してもらえることに感動していた。
あの頃の私たちには牛角は結構贅沢な焼肉屋さんでした。


その後、牛角はアニメとコラボをしたりして全国区になったけど、牛角はどこ発祥なんだろうねなど話しながら食す。

安楽亭クレヨンしんちゃんとコラボをしてました。




昨日雨に濡れたせいか

昨日明け方喘息の発作。
晩御飯の買い物途中に雨に降られてずぶ濡れで帰宅し、慌てて晩御飯の用意をしたりしていた間に身体が冷えたのかも知れない。
今日は朝から喘息の発作が強くだるい。

義父の絵が展示されていた施設、あちこち問い合わせて行方不明になっていることへの残念感で先週は落ち込んでいたので免疫が落ちているのかな。
義父自身が気に入っていたらしい新宿厚生年金会館の眩暈が行方不明なのは本当に残念だ。
厚生会館跡地は今はマンションになっているらしい。

夫によると湯河原厚生年金会館が一番作品を展示していたそうだが、ここのも不明だ。
ヤフオクで公の施設にあったはずの作品が出たこともある。
建物と一緒に解体されてないことを願うしかできない。
青梅市からの依頼で夫たちが作品を納めたそうだが、それは1930年協会に出した絵らしい。
がそれも何処かの倉庫に入っているそうだ。

山形県、何故か義父は戦中から縁があるように記録されているが、我が家にあった山形新聞の切り抜きで読む限り戦前から指導に訪れていて弟子もいた。
山形新聞の社長と親友だったそうで、戦前に山形新聞後援で個展も開いている。
その頃の絵を山形新聞の服部氏が購入してくれているようだが、山形新聞社への問い合わせに対して返事はない。




ゼロゼロとした咳で胸が痛く、今日も寝ていよう。

今朝、岩合さんの世界ネコ歩きを観た。
番組中に世界ネコ歩きを観ている猫たちの映像が流れた。
うちの猫たちの中で世界ネコ歩き大好きだった三毛猫のベルは死んでしまった。
コロコロも好きな猫だった。
ネコ歩きを観ているうちに涙が出て仕方なくなり、突然死だったけど悔いが残っている。

グレーゾーン

谷中のヒマラヤ杉が折れた台風の時に我が家も多少の被害があった。
近隣のお寺さんの屋根瓦やらあちこち被害があり、うちの被害はそれほどではないので今週になってから作業に入ってくれた。

で、台風で床下がプールになっていた他所の写真も見たし、うちの床下も穴をあけて見てもらった。
水は溜まってないけどお風呂の下が少し痛んでいるので修繕することに。
とか作業をしてもらっている時に、猫が穴に入ったと。大工さんが猫好きなので二匹を出してくれて、にゃあも出て猫を数えて六匹。
一匹足りないけど、猫部屋で寝てたから大丈夫だよね。
大工さんも床下をよく見てくれたし。で、穴を塞いだ。

夜、猫部屋で寝ているはずのノルウェージャンのノルルが晩御飯に出てこない。
夫と探し回ったけど居ない。
まさかと思って床の板を剥がして下を覗いてノルルを呼んだけど出てこない。
この家、本で埋れてて使える部屋が少なく狭く感じるけど、一階の床面積が約七十平米あり端から端まで見渡せない。
下をチョロチョロされたら見つかりゃしない。
私たちの知らない隙間とかから外に出てないかしらとか、とても心配した。
他の猫が入れないよう、穴をあけた部屋に鍵をして様子を見ていたら部屋から音がした。
ノルル無事に出てきた。

蜘蛛の巣つけて白いところをグレーに染めて。

猫は好奇心の塊で、なおかつ素早く忍び込むので油断できないなと。
外に出てなくて良かったけど、とても心配した。
です。


夫の骨

今朝の精密検査で左肋骨、6番7番の2本が確実に骨折して居る事が判明した。
ヒビではなく骨折。
ヒビも骨折ではあるけれど、全治期間が1か月から2か月へと倍になった。
これで済んで良かったと思うけど、落ち込む。
私と結婚をしてなければ彼は家賃収入で働かないでも暮らせた。

事故は彼がお客さんの所に行く途中で起きたので少ししんどい。
もちろん痛くて辛いのは夫だけど、色々考えてしまう。

私は夫の後輩から白蟻母娘やら酷え女とか言われた。
夫の後輩は私の前で結婚相手選んだ方が良いですよとか平気で言うタイプ。
精神的にキツかったけど、言霊の呪いのように「白蟻母娘」がどんなに振り払ってもついてくる。
男性が選ぶべきは若くて正社員か公務員で資産あり、子なし女性と再婚はするものらしいが、それが良かったろうな。

夫には成城の知人からも見合いきてたしな。

とか今沈んでおります。