熊谷登久平アトリエ跡に住む専業主婦は大家の嫁で元戦記ライター

台東区谷中の洋画家熊谷登久平のアトリエ跡に住む次男に嫁いだ主婦の雑談

頭ガンガンしていますが、血圧は正常。

今日もだるくて微熱がひかないので、夫に車で徒歩五分の病院に連れて行ってもらい点滴を受けた。
薬は違うのになった。
インフルエンザではないようだ。
まあ、安静って事で。
薬局で疲れが取れる薬が欲しいと話したら、豚肉を勧められた。あとユンケルも悪くはないそうだが豚肉。それと野菜。

病院からの帰路、義父の熊谷登久平が好んでいた和菓子屋の喜久月で栗蒸し羊羹が始まっていたので誘惑に負けて購入。
http://home.s07.itscom.net/kikuduki/
川端康成森鴎外も常連さんだったというのに文豪コラボをしてないお店。
美味しいです。

久月から自宅までのゆるい坂で息切れして動けなくなり、夫に電話をして迎えにきてもらった。
体調が悪いと自転車も乗れないし、歩くのも辛い。
歩けるうちに病院に行くようにしているけど、今回は疲れと頭痛が抜けなくて、今週はロキソニンで生きていた気がする。

途中にお気軽にお入りくださいと書かれたギャラリーがあったけど、昨日の他のギャラリーのツイートを見たあとなので魅力を全然感じない。
あのギャラリーの書き込みに対してイイねをしているのが画廊系だけというのが気持ち悪く、選民意識が高いというか意に沿わない奴は観に来るな的な発想をできる、私から見たらファッションの一端としてのギャラリーなのかと思う。
貸画廊なのか企画画廊なのかはわからないけど、観に来る客を選ぶという意識があるなら格があると無自覚でもあるのではないだろうか?

私自身、15歳の時に仲間と場所を借りて展覧会をやったところから色々とスタートをしている。
朝日新聞神戸新聞が取材をしてくれたので客は多かったし縁も増えた。

物書きと編集業も当時まだ珍しかった同人誌即売会に大友出版で自費出版したのを売るところからスタート。

私は地べたで金を払って見てもらうことからスタートだったから画廊が客を選ぶことに違和感なんだろうな。


一応、有楽町の画廊に絵が並んだこともある夫と色々話したけど、客を選びたいなら有料にすれば良いのに。
敷居が低いように思われる形式で営業をしていたら客層も玉石混合だろう。その石が玉になる場合もあるから格が高い画廊でもオープンになっている。

義父も共同展覧会はあちこちで開催している。
個展になると場をかなり選んでいる。
日本橋三越から話が来ても断り、お弟子さんから頼まれて三越を受けてからは会場で交流もしていたそうだ。


義父や夫とは違いはあれど、場を借りて作品を展示するのは楽しかった。でも、あの頃の同人仲間で油絵科に進んだのは多いけど、アーティストとして食えているのは福田尚代ちゃんだけだ。
漫画家になったのは何人もいる。
https://bijutsutecho.com/magazine/news/exhibition/18509

福田尚代ちゃんのガリ版印刷の同人誌、私今も持っている。コマ漫画も描いてました。

昨日も書いたけど、長谷川利行と熊谷登久平もこの近所の彩美堂で二人展をやったことから里見勝蔵先生に見ていただけて世界が広がった。
これも昭和だけど。

しつこいけど、なんで画廊が画家の客を選ぶのかなあ。
その客が出世して買ってくれるようになるかも知れないのに。
そんなに不愉快な客だったのなら、その場で断るのも画廊の仕事じゃないのかなあ。

発言した画廊?ギャラリー?がやった企画の作家名で検索したら該当客出てくるのに。
嫌だと思うし、それを画廊にさせた作家も品がないと感じた。
あと、ググったら店主が感じ良いという感想を書いているのは常連。
嫌な思いをしたと書いているのは一見さん。
評価高くして嫌な思いを書いてる人もいる。
入り口に、注文の多いギャラリーです。とでも張り紙をしておけば良いのにね。

東京はギャラリーが多いので若い頃からあちこち覗いてきたけど、嫌な思いをすることが最近はある。
感じ良いところは本当に感じがよく、作品を楽しめる。
残念ながら数万円の絵も買えないんですけど、気に入った作家さんの缶バッジを集めている。
栞も買うことがある。
それを見て作品を思い出すのは楽しい。

そういえば、あるギャラリーで作家さんが尊敬する人とかち合った。
入り口でその偉い人に挨拶をしたけど民草を見る目でゾクゾクしたが、会場にほぼ同時に入ったため目当ての作品の前に椅子とテーブルを寄せられて作家さんは偉い先生とやらに敬語で必死。
つか私を押し退けて挨拶してたし、あたし足悪いんだけど転んだらどうするんだろう。
目当ての絵は見られないし、あれは残念だった。
ただで見せてやっているのだからというのかしら?
結構好きな作家さんだったので残念だった。
もう見たいとは思わない。

そこは夫の幼馴染の家だった場所で、お母様は他所で画廊を経営していたという。
残念ながら、その幼馴染は同窓会では行方不明となっている。











具合悪いです

四日間ほど微熱が下がらないので流石に今日は体を起こすのもしんどい。
低体温症の反動だとは思うけど怠い。
仕事をしていた頃はまだ40代だったのでユンケル数本と濃いコーヒーでなんとかなったのが今ではどうしようもない。

昨日、用があって十条に行った。
十条駅南口前に居酒屋のかぶら屋があった。
私が現役だった頃は池袋に一店舗あるだけの新参居酒屋でドラム缶の上に板を置き、それをテーブルとする立ち飲み屋だった。
そこを少し歩けば人気の居酒屋みつぼがあり、価格帯は似たようなものだけど、並ばないで入れるし池袋駅にはかぶら屋の方が近いのでたまに寄った。
どんなに仕事で疲れてても、帰宅したら母親と妻としての家事という仕事が待っており、帰宅する前に心の切り替えが必要だった。
池袋のかぶら屋は立ち飲み屋だから座り込むことなく、必要な栄養をとって帰宅できる有難い店だったなあ。
十条のかぶら屋もめちゃ美味しかった。
懐かしくて美味しかったです。

仕事をしていた頃、オヤジ臭いけど薬局でユンケルと肝臓に良いと言われているドリンクを飲み、居酒屋で貧血対策のレバーと野菜串を適度に食し、土産用を頼んで包んでもらい赤羽まで列車に揺られ赤羽からバスで30分以上かけて自宅に帰る。
簡単な晩御飯を用意して二人の子に食べさせて、そのあと元夫が疲れて帰宅してくるので、彼には彼の好みのものを出して家事が終わったら仕事部屋のある実家に向かい持ち帰った仕事を終わらせてた。
朝ごはんは作らなかったので、シリアルや前日の残り物を子は食べる。
交通安全週間だと私は交差点に立ち旗をフル。

若かったからできたんだなと。
削るものは睡眠時間しかなかった。多分寿命も削っていたけれど好きなことを仕事にする場合、同じことを好きな優秀な人は山といて、そこで生き残るには能力が無ければ寿命しかないと思うな。
死んだとしても本望と思えることをするのだから、不器用な私はあれば精一杯だったのだろう。

好きなことをする為にブログで儲けている層もいて、年収1000万円を軽く超えている人がいるようだが、私は文筆活動の楽しみの中に出逢いもあったので、似たような価値観の人たちで固まるのは面白くない。
なんだかんだ言っても、地味にコツコツと調査をした結果が博物館の一画に常設展示されている喜びや、20年以上前に出した本の話題が今になってされることの嬉しさ。
サクッと書いたブログでサクッと儲けても魅力ではあるけど、割の合わない仕事をして私の死後も誰かの目に触れるという自己主張も結構楽しかった。

裏でエロやって得た金を回す自転車操業ではあったけど、それに介護離職という終わり方でもあったけど、元夫に若い女ができて離婚もされたけど、おかげで独身となり旧知の今夫が不器用な求婚を数年間重ねてくれて、承諾したら高校時代の推しの一次資料の山の家というのは人生のご褒美だとも思う。
こんなに資料が未整理で残っているとは思わなかった。
少し整理しておいて欲しかった。あと、取材していて欲しかった。

この家と周辺は「B-29操縦マニュアル」を出すときに世話になった大倉財閥の御曹司の大倉徳一郎さんの親がお茶会をよく開いていた。
熊谷登久平の曾祖父の兄が勝海舟の日記によく出てくる熊谷伊助とか、もうね美味しい資料だらけなのよ。
大倉徳一郎さんのお爺様の大倉喜八郎が熊谷伊助の友人だった不思議な縁。



今夫は「明子さんと結婚するために僕は独身だったんですよ」と、恥ずかしいことを言ってくれるけど、私が50代になるまでの間、コツコツと積み上げてきた人脈や縁が、今夫と結婚する時の身元保証にもなったのだから、睡眠時間を削った仕事と無駄ではなかったなあと。

江戸東京博物館常設展示されているB-29の機銃を持ち込んだのは私だし、一緒に調査して予算とってくれた板谷学芸員と今夫宅の向かいのお住職の金子さんが元同僚とか。

大倉家所縁の美術館で働いていた学芸員が、私が働いていた足立区立郷土博物館の常勤学芸員に入っているとか。
おかげで義父の資料をいざとなったら足立区立郷土博物館に収蔵って話になったんだけど。
人の縁は不思議でありがたい。


以下もダラダラ。















あと団地の団塊世代主婦グループの一つと合わなくて、自治会の役員の時は難癖つけられて大変だった。
私にお子さんが可哀想と思わないのかとよく言われた。

まあ、私の子は、私が介護離職をしたために働きながら高校を出て苦労はしていると思う。
そのかわり二人とも家事はできるし、とか言っても今時のまともな教育は受けさせてないわな。
私の時代から人は最低でもマスターを出ないとと言う人がいたけど、今は日東駒専以下がFランクと言われて怖いなと思う時がある。

東大の学生が東大の学生でない女性に酷いことをしても罪に問われない事件もあったけど、Fランクレベルの女性は気をつけないと殺されかねない時代。

で、Fランクではないアッパー層と呼ばれる人種たちはタワマンを買い自分たちを勝組と誇っていた。


それを例えば数年前気楽な店で会ったご夫婦はタワマン すみで、うちが谷中の高台の一軒家だと知って、「いつも見下してますよあの辺は暗いですね」「今ならあの辺も売れるでしょう。買い換えた方が良い投資になりますよ」などと言ってくださったが、そこは元海名残の地域で、治水がかなり進んだ平成になっても浸水があった土地ですよとは言わなかった私は大人。
あと、見下ろせるという表現は合っているのだろうか?
視野的には入るけど人の視野ならほぼ平行だ。

動物園が見えるし、花火も見えるから住んでみたいとは思うが、買える金もないし、負け犬の遠吠えで。
でもタワマン族で羨ましいのはローンがない層だったりします。
父の工場がダメになった時の苦労や、ママ友で住宅ローンが焦げ付いた人の苦労とかみてきたので、ローンは怖いと思うのですよ。

しつこいですが、熊谷登久平は洋画家でイケメンです。

今日午前来客があり、義父の写真などの遺品を見て帰られた。

長谷川利行さんの写真はありますかと聞かれだので喜んでアルバムを見せた。


ほら、この写真イケメンでしょ。
これもイケメンですよね。
この女性は菊池寛と取り合って勝ったサロン春の女給頭ですよ。
この人中村屋の写真でインド人と写っていたのでインド人かもです。まあ、この人もイケメンですけど、熊谷登久平の方がイケメンですよね。

ほらほら、これ多分長谷川利行さんなんです。バックを取ってるのが熊谷登久平です。良い写真だと思いませんが。
この多分長谷川利行さんの写真って知られてないですよね。

矢野文夫氏が現存してる長谷川利行の写真は自分が撮影したものだけだと書き残しているので、この人が長谷川利行だと言っても信じてもらえないんですよ。
熊谷登久平と長谷川利行が並んでると浪漫感じませんか。

摩利と新吾」って知ってますか。知らないですかそうですか。では「玉杯に花受けて」とかは如何ですか、あれが騒がれないのは理解できないんですよ私は。

熊谷登久平って金持ちのボンボンで、仕送りたっぷりもらい過ぎていたから、中央大学と川端画学校両方通って、中央大学では美術部立ち上げて、応援団に属して芸者さんと遊ぶブルジョワだったくせに労働階級ごっこをしたら結核で倒れたんですけど、岡惚れした女給が献身的な介護をして結核から生還した男なんですよ。
この病み上がりの熊谷登久平ってイケメンですよね。


あ、この本に熊谷登久平の年表が載ってます。
年表作ったのは熊谷登久平の旧制中学時代の同級生で、旧制中学時代も旧制大学時代も友人に恵まれた上に、嘉納治五郎先生の講道館で学生時代の段階で二段、最終的には四段まで取ってるようなスポーツもできるリア充ですよ。
しかも歳上の美人に献身的に養われてた時期があるんですよ。
この家は妻妾同居ですよ。
他にも女性がいたそうですし、男と女両方からモテモテだったんですよ。

大正時代、慶應大学の応援団と熊谷登久平が団長をしてる中央大学の応援団が乱闘になって勝ったと新聞記事に載ってますよ。

とかを説明した。
画家としての熊谷登久平の偉業を話すのを忘れていた。




































自然のままで生活できるわけはない。

多摩川の氾濫はくねくね曲がっていた自然の川を真っ直ぐにしたからだと言っている人がいるけど、起伏に富んだ日本の国土の中で人が快適に住める土地はわずか。
適度な高さと地盤の強さを持った利便性の高い都合の良い土地だらけなら良いねとしか言えない。



「賀茂河の水、双六の賽、山法師、是ぞわが心にかなわぬもの」

「住みなれし 里も今更 名残りにて 立ちぞわづらふ 美濃の大牧」

徳川家小菅御殿を守るための治水の伝承。
今は小菅拘置所となっている場所には将軍家の御殿があった。
幕府は暴れ川であった綾瀬川が氾濫した時に御殿が水没しないように御殿側の堰を高く反対側を低く作った。
そのため……

https://www.city.adachi.tokyo.jp/hakubutsukan/chiikibunka/hakubutsukan/kids-hanashi-02.html
この伝承、私は昭和62年に松谷みよ子先生から教えて頂いた。
先生は戦争関係の伝承を集めておられたかな。
引き揚げの時に人魂が母子を導く話は怖く、悲しかった。

松谷みよ子先生が伝承を元に書いた中に「龍の子たろう」だっけながあった。
湖が一夜で消えると肥沃な土地が現れる。
これは熊本の阿蘇にも似たような伝承があった。

蛇が川を登り龍になる。
鯉が滝を登り龍になる。
龍が恋人に会うために川を下ると村は大洪水に襲われる。
川が近いと水田を作るのには便利だが水に襲われる可能性も上がる。
だから集落は少し小高い自然堤防上にあることが多い。
隅田川の自然堤防上にあるのは浅草寺
洪水の時や震災の時、人々が避難する場所でもあった。

江戸時代の江戸の住宅地は幕府による管理がある程度されていたが、明治になると居住に向かない田地や沼地にも家が建ち始め、明治43年の台風による河川の氾濫と堤防決壊は東京の下町に大きな被害をもたらした。

https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/calendar/242/

自然堤防の少し高台にある浅草寺に逃げ込んだ被災者も多かった。

この明治の洪水をきっかけに政府は荒川放水路などの大掛かりな治水事業を行った。

荒川放水路のために消滅した村が足立区にはある。
それでも必要な治水事業だった。


明治の洪水や関東大震災の時、浅草寺に逃げ込んだ人々は救われたが、空から焼夷弾がどんどん落ちてくる東京大空襲の時は、逃げ込んだ人々と共に本堂は焼け落ちた。

今日は雀が可愛かった。

#谷中 のシンボルツリー #ヒマラヤ杉 折れる

昨夜風の音に怯えていたら家が揺れ、バリバリと鈍い大きな音が聞こえて裏の墓地から何か飛んできたか、卒塔婆じゃなく墓石が飛んできたかとも思うような音だった。
ツイッターの上には被害が次々と上がってくる。
川に囲まれた実家にいる親友のことが心配だったり、ハラハラしながら寝た。
朝、夫の変な声で目が覚めた。
うちの裏の「ヒマラヤ杉が折れてる」と、夫は駆け出していき、私も着替えて向かった。
ヒマラヤ杉は折れていた。
みかどパンの奥さまはご無事で掃除をしていた。

台風から避難していた地域猫たちが次々と出てきた。

夫からここら辺の猫たちはお寺に避難するから大丈夫だよと教えてもらっていたけど、本当にお寺から次々と出てきてくれてホッとした。