熊谷登久平アトリエ跡に住む専業主婦は大家の嫁で元戦記ライター

台東区谷中の洋画家熊谷登久平のアトリエ跡に住む次男に嫁いだ主婦の雑談

戦争と美術とか

 

何回か書いてるけど、義父の熊谷登久平は戦争画を描きたくなく、そして従軍画家になりたくなくて、国策会社の東京航空計器に入社した。

が、軍装の人物画、落下傘部隊の訓練風景も描き残している。

 

先日元担当さんに、「(小学館)の編集長とはたまに逗子駅まで一緒になり、何度か従軍画家だったお父様の話を聞いたが詳しく聞けないうちに京都に行ってしまわれた、そして元担当さんも京都に行ってしまった」と愚痴った。

 

 

 

 

 

f:id:TokuheiKumagai:20211026172937j:image

f:id:TokuheiKumagai:20211026172907j:imagef:id:TokuheiKumagai:20211026172921j:image