達筆過ぎて読めないハガキとヌードモデル

f:id:TokuheiKumagai:20190610213528j:imagef:id:TokuheiKumagai:20190610213531j:image

義父が出さなかったハガキ。

義父の住所が初音町になっているので、戦前のもの。

この女性と熊谷登久平との関係は不明。 

もしかしたらこの絵のモデルさん?

なら浅尾さんの所に所属したモデルさん?

 

横江政恵、ヨコエマサエ、この頃すでに義父と暮らしていた女性は歳上の美しい人だった。

f:id:TokuheiKumagai:20190610214502j:image

で、ハガキの宛先の女性は誰だろう。

あと達筆すぎて読めない。

 

 

東京大空襲後、義父は、ある本によれば東京航空計器の疎開先を探して山形に行く。

ある本によれば単なる疎開

ある本によれば山形に長く滞在している。

夫が聞いていた話では山形と東京を往復する生活。

ある本によれば山形の画家たちと交流をしたとあり、ある本では山形で審査員をしたとある。

 

わかっているのは山形県米沢市で芸者をしていた、笹島房江、義母と出会い一目惚れをして東京に連れ帰る。

 

それまで妻と呼んでいたマサエは愛妾とされる。