熊谷登久平アトリエ跡に住む専業主婦は大家の嫁で元戦記ライター

台東区谷中の洋画家熊谷登久平のアトリエ跡に住む次男に嫁いだ主婦の雑談

どなたか亡くなられたのだろうなと

この文は誰が書いたのだろう。
義父が亡くなった後、絵を持っていった人なのか、義母が差し上げた方なのか。
サインなしの場合は家人が裏書きをしたケースもあるのだけど、もしくは頼まれて息子がサインをしたものも偶に出る。

お弟子さんたちが手伝った時のは家人が確認をしていたので、この薔薇は?



義父が死ぬまで騙された迂闊だったと後悔し続けていた、鑑定の悪用の絵はなんとか回収した。



f:id:TokuheiKumagai:20210522000455p:plainf:id:TokuheiKumagai:20210522000501p:plain

下の2枚は岩手県千厩の熊谷美術館にある薔薇。

f:id:TokuheiKumagai:20210522001826j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210522001819j:plain

↓は大平元総理が母校に寄贈した熊谷登久平の薔薇の絵。額装は浅尾丁策。

f:id:TokuheiKumagai:20210522001823j:plain