熊谷登久平アトリエ跡に住む専業主婦は大家の嫁で元戦記ライター

台東区谷中の洋画家熊谷登久平のアトリエ跡に住む次男に嫁いだ主婦の雑談

熊谷登久平展の準備期間 #池之端画廊


#池之端画廊
さんが熊谷登久平展用の下見にいらしてくださり、倉庫から絵を出している。
結構ある。

ただし、田端から岩手県の千厩に疎開させた絵は行方不明になり、登久平は仲の良かった弟の広介を疑っていた。
それは広介氏には辛い話で、甥である私の夫の寿郎や久が千厩に行った時に随分と嘆いたと聞く。広介氏をモデルにした絵もどこにあるのやら。
広介氏と仲良く旅行した時の肖像画は我が家にある。

谷中の家は空襲で焼けてないので、千厩に疎開させなかった絵は失われておらず、おかげで戦前の絵も結構ある。

上京後の絵で関東大震災以前の作品は焼失しており、岩手県の旧制中学時代の絵は千厩の親戚宅と我が家に一枚ずつ残っている。
だから義父の絵の空白期間は関東大震災前後だけだ。これは恵まれていると私は思う。

登久平は親友の長谷川利行が変わったのは画廊に喰われたからと、画廊を嫌うようになった。
なのであまり売らなかったのも、家に残っているわけだ。
気に入った人にあげていた。
また身内が買ってくれていた。

好きに絵を描く生活ができたので良い絵が多いと私は思っている。

中には熊谷登久平の愛した女たちの絵もある。
学生時代から支えてくれた衣子(本名は違う)
長谷川利行と交流があった女性で作品もあったが絵は行方不明。
スケッチ画は残っている。
矢野文夫氏が熊谷登久平の女房と書いているのが彼女で、銀座のサロン春のマネージャーでもあった。チャップリンに会ったことがあるとか菊池寛と義父が取り合ったとか口伝は色々ある。
矢野文夫氏は女給と書いているがエロを売り物にしないカフェで働いていたのに、登久平の死後になってから矢野氏は彼女を女給と書いた。
春を辞めてからは美術館で働いていたそうだ。
銀座のカフェの女給だった女が上野の美術館で働いていた話が戦後の本に書かれているが彼女であろう。
外国人のお客様が熊谷登久平を訪ねてきたら彼女が対応にまわっていたそうだ。
日本人の客の時は義母。

また最後の愛人に(浮気相手はいたようだ)、下北沢の別邸の管理をしていた白石さんがいる。

白石さんの肖像画の英文が恥ずかしい。
葬式のときは目立たない場所にいたそうだ。

熊谷登久平は
#白日会
#1930年協会
#二科展
#北斗会
#独立美術協会
で活躍した。

その作品展が2月末に #池之端画廊 さんで開催される予定でだ。
親友の長谷川利行らと絵を描くことを楽しんだ戦前から晩年までの作品が並ぶ。

ありがたや。

f:id:TokuheiKumagai:20210127224034j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224122j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224210j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224055j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224259j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224309j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224218j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224315j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224148j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224333j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224223j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224107j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224321j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224110j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224202j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224145j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224052j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224141j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224255j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224318j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224119j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224155j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224100j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224037j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224231j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224329j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224159j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224226j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224247j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224305j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224152j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224114j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224236j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224213j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224134j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224131j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224042j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224336j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224137j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224326j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224127j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224339j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224302j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224103j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224240j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224047j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224243j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224251j:plain
[f:id:TokuheiKumagai:202101272242j:plain]
f:id:TokuheiKumagai:20210127224312j:plain

以下義父と仲が良かった弟の熊谷広介。だと思う。
一緒に旅行に行った時の写真の浴衣に似ているし。

f:id:TokuheiKumagai:20210127224743j:plain

以下、義父の宝物こーな、描き手は義父ではない。
リンゴの絵は義父の甥の平澤一男さん。

f:id:TokuheiKumagai:20210127224343j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224350j:plain
f:id:TokuheiKumagai:20210127224346j:plain