熊谷登久平アトリエ跡に住む専業主婦は大家の嫁で元戦記ライター

台東区谷中の洋画家熊谷登久平のアトリエ跡に住む次男に嫁いだ主婦の雑談

義父、熊谷登久平の眩暈

新宿の厚生年金会館に展示してあった義父の代表作品の一つ眩暈は厚生年金会館が売られて解体された時に行方不明になったままで、厚生労働省では把握してなかった。
我が家残っているのは葉書一枚と、作家さんから求められて表紙に使われたという平林たい子さんの本だけだ。
義父も気に入っていたようで、山形県の女性へのラブレターに絵葉書を使ったりしていた。
書き損じが残っている。

良い作品だと思うのだけど、残念で仕方ない。