熊谷登久平アトリエ跡に住む専業主婦は大家の嫁で元戦記ライター

台東区谷中の洋画家熊谷登久平のアトリエ跡に住む次男に嫁いだ主婦の雑談

熊谷登久平の絵 灯台

義父は現地で一気に描き上げて、それを持ち帰るとアトリエで大きなキャンバスにうつす。
その大きな作品は絵葉書で観ることができるが、現物は湯河原の厚生年金会館にあったが、厚生省が解体された時に行方不明になった。
夫たちは現物を観ているが残念ながら私は見ていない。
写真は我が家に残る習作。
義父が気に入っていた絵の一つで、額縁は苦労していた頃に長谷川利行と共に世話になった彩美堂。
義父が額縁を頼んでいたのは上野桜木の佛雲堂と谷中の彩美堂と聞く。



f:id:TokuheiKumagai:20201212201206j:plain