熊谷登久平アトリエ跡に住む専業主婦は大家の嫁で元戦記ライター

台東区谷中の洋画家熊谷登久平のアトリエ跡に住む次男に嫁いだ主婦の雑談

トレドの砦 絵と文 熊谷登久平

現在、池之端画廊さんに展示している『砦の町』について登久平が書き残した文章。


トレドの砦 絵と文 熊谷登久平

マドリードからトレドに行くバス・ターミナルに、千一番の座席。チダから来たプレスマンというセールスマンが、いろいろと話しかける。 聖響をひらいているの二人、マドリードの骨重 (とっとう)屋、鈎(かぎ)鼻の老婆。
坂をくだるところの小さな村が美しい。刈り麦をいっぱいに積んだ馬車が行く。ゴッホセザンヌの描いたような農夫がいる。オリーブの木、黄の素施トレドへの道はまっすぐだ。塔が
みえ、アカシアの並木をぬけると、「とりでの町トレドが、目の前にあらわれた。 ホテル・チャールスへ。
日本人はめったにこないらしく、ホテルの人たちは珍しそうに、おぼつかない私の英語に答えてくれる。
ここはエル・クレコの生家のあるところだ。朝早く窓をひらくとつばめが顔にふれるようにとんでいる。裏のカテドラルの鐘が、一品旅愁をさそう。町かどに巴目杏(はたんきょう)を売っている老婆は、私の母に似ているように思われた。
私がこの絵を描いているそばに、寄って来た娘と裸の子。チンコ、チンコと手を出して銭を(と) う。うしろの緑の馬車四台、真っ赤に塗ったくちびる、くひいた眉(まゆ)、耳にたれた真鍮(しんちゅう)の輪、この人たちはジプシーの一群だった。

昭和38年10月13日 日本経済新聞より

f:id:TokuheiKumagai:20210305010840j:plain

f:id:TokuheiKumagai:20210305010458j:plain

熊谷明子