熊谷登久平とバリベア会 官僚の油絵の会の先生

かつて永田町にあった官僚たちの絵画を学ぶバリベア会

会長は厚生省の太宰博邦さん。のちの事務次官

バリベア会には女性も所属していたが、彼女らは次々と良縁に恵まれ家庭に入った。

会誌には「このままでは女性がいなくなる」という記事もある。

永田町勤務の女性でも結婚したら家庭に入る時代。

 

メンバーが順調に出世をしていくうちに、彼らに会うのを目的とした若手も入会希望で訪れた。と、成年してから会に所属していた熊谷登久平の次男である寿郎の記憶。

中には酔うと東大だと叫び、先輩から「ここでは珍しくない」と窘められた若手もいたそうだ。

寿郎に対して出自を質問し、整備士だと答えると露骨に馬鹿にした若手はバリベア会で長続きせず、後に汚職事件を起こしたとか。

 

会員には画家になりたくても親の意向で官僚にならざるを得なかった人もいた。

 

登久平は豪商の跡取りとして育ち、中央大学に進学しながら画学校にも通い、大学卒業後に父の求める進路を選ばず勘当された。

その経験がバリベア会の優しく楽しい先生となったのかはわからないが、会員には慕われていたようだ。

 

f:id:TokuheiKumagai:20190531224932j:image

バリベア会。
f:id:TokuheiKumagai:20190531224926j:image


f:id:TokuheiKumagai:20190531224938j:image

美人さんの肩に手を置く熊谷登久平。
f:id:TokuheiKumagai:20190531224923j:image

バリベア会三十周年誌。

f:id:TokuheiKumagai:20190531225653j:imagef:id:TokuheiKumagai:20190531225659j:image

バリベア会始まりのエピソード。

戦後の若手官僚たちの苦労も読める。

夫の記憶では戦後の遺族への対応や、未亡人への職の斡旋も彼らの仕事だった。

 


f:id:TokuheiKumagai:20190531224915j:image

義父熊谷登久平追悼誌。
f:id:TokuheiKumagai:20190531224935j:image
f:id:TokuheiKumagai:20190531224905j:image
f:id:TokuheiKumagai:20190531224912j:image
f:id:TokuheiKumagai:20190531224920j:image



f:id:TokuheiKumagai:20190531231533j:image

個展の熊谷登久平


f:id:TokuheiKumagai:20190531231557j:image

踊る熊谷登久平
f:id:TokuheiKumagai:20190531231536j:image
f:id:TokuheiKumagai:20190531231551j:image
f:id:TokuheiKumagai:20190531231546j:image
f:id:TokuheiKumagai:20190531231554j:image


f:id:TokuheiKumagai:20190531231539j:image

パンツ一丁で踊る熊谷登久平。
f:id:TokuheiKumagai:20190531231542j:image

太鼓を奏でる熊谷登久平