熊谷登久平アトリエ跡に住む専業主婦は大家の嫁で元戦記ライター

台東区谷中の洋画家熊谷登久平のアトリエ跡に住む次男に嫁いだ主婦の雑談

2021-03-05から1日間の記事一覧

ねんきん 表紙 ニースの宿 池之端画廊 熊谷登久平展

表紙のことばニースの宿 熊谷登久平ここは南仏ニース。ホテル・アトランテックの十号室、街に面したテラスのすぐ上の室鈴懸 の樹かげに、美しい色とりどりの日傘がならんでゐる街。そして隣の室からは、SANIRTE M ARTHE とかかれた緑の看板のおくの黄色の屋…

メモ  田崎暘之介 取材日記から収録本

田崎暘之介「「野ざらしの詩」の周辺―取材日記から」 長谷川利行画集刊行委員会編『長谷川利行画集』協和出版1980この取材日記について、田崎氏のご遺族に問い合わせたが、不明であった。

ムーラン・ルーデュ 熊谷登久平

現在、池之端画廊さんに展示いているムーラン・ルージュはフランスのムーラン・ルージュの前で熊谷登久平が描いた修作で、本画は日本への帰国後に台東区谷中のアトリエで描いた。谷中のアトリエで描いた作品が厚生省が出していた冊子、「ねんきん」の表紙と…

トレドの砦 絵と文 熊谷登久平

現在、池之端画廊さんに展示している『砦の町』について登久平が書き残した文章。 トレドの砦 絵と文 熊谷登久平マドリードからトレドに行くバス・ターミナルに、千一番の座席。チダから来たプレスマンというセールスマンが、いろいろと話しかける。 聖響を…