熊谷登久平アトリエ跡に住む専業主婦は大家の嫁で元戦記ライター

台東区谷中の洋画家熊谷登久平のアトリエ跡に住む次男に嫁いだ主婦の雑談

ふるさと千厩の七夕 「日本的フォーヴィスムにあえる展」 

「日本的フォーヴィスムにあえる展」 入場無料

今日から。

2024年7月7日(日)~7月21日(日)13:00~19:00 日曜日は18時まで。月・木は定休日

場所:弥生坂「緑の本棚」(文京区弥生2-17-12-1F)℡03-3868-3254

 

f:id:TokuheiKumagai:20240707091107j:imagef:id:TokuheiKumagai:20240707092259j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240707091102j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240707091059j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240707091105j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240707091054j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240707091057j:image

 

熊谷登久平の晩年、末期癌との告知はなく、痛みに苦しむ様子は見せられないと幼い次男であった夫は家でお手伝いさんと留守番の日々になった。

登久平はふるさと千厩に帰りたいと義母たちに願ったそうだ。

彼はふるさとへの思いを書き残している。

義父が書き残している千厩はとても華やかな商業地である。

その義父が知る限り一番美しい七夕と畫と文で書き残している千厩の七夕の図。

我が家は去年認知症の住人が穴を開けたり、梁をダメにしたアパートの修繕費で流動資産がそこをつき。

ふるさと千厩で「戦後筆を折り銀行員となった」と一部で言われてしまっている義父は死ぬまで画家であり文人であったのを証明する自費出版用のお金もアパートの修繕費に消えて。

義父の作品の修復積立も……

独立美術協会の二度目の海南賞を受賞した作品とか、なんとかできないかなといつも悩む。

 

 

 

f:id:TokuheiKumagai:20240707071222j:image

 

今日は都知事選挙。私と夫は期日前投票を済ましている。
f:id:TokuheiKumagai:20240707072223j:image

 

義父と長谷川利行も行った入谷の朝顔市。

f:id:TokuheiKumagai:20240707091340j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240707072226j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240707072237j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240707072249j:image

f:id:TokuheiKumagai:20240707072244j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240707072246j:image

 

f:id:TokuheiKumagai:20240707145251j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240707145249j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240707145300j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240707145257j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240707145254j:image

 

 

暑くなる前に不忍の池に向かい蓮を鑑賞。

上野の山の時の鐘が鳴る前じゃないと暑くなると地元の人談。

時の鐘が鳴る6時を過ぎると体感温度が一気にあがった。

帰りに池之端ミニストップでソフトクリームを買う。

値上がりしていた。

根津にあった名店あんぱちやの前の空き地は向日葵が満開だった。

ここはいつも花が咲いている。

 

ゴタゴタはゴタゴタしていて、夫も倒れそうだ。

 

f:id:TokuheiKumagai:20240705062115j:image

f:id:TokuheiKumagai:20240705062103j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240705062043j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240705062118j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240705062039j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240705062036j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240705062032j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240705062107j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240705062046j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240705062051j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240705062110j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240705062055j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240705062100j:image

暑いので、日曜日はもっと暑いと天気予報が言っているので、弁膜症もある私は夜に不在者投票に行った。

義務は果たした。

f:id:TokuheiKumagai:20240705215946j:image

 

f:id:TokuheiKumagai:20240705134440j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240705134437j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240705134433j:image

今日は朝から暑い

今日も蒸し蒸しとしていて、暑い、だるい。

犬山の叔母宅の桃が食べたい。

が、従兄が農業を継がず桃山も田畑も立派な梁の家も今はない。

母が晩年に食べたがったものに、叔母宅の桃とかぼちゃがあった。

叔母が亡くなっていることも母にはまだらな記憶で、墓参りしたいと泣いたと思ったら、キヨちゃん(叔母)に電話をかけて欲しいと言い出したり。

甘いスイカ、甘い桃、甘いかぼちゃ、甘い柿。

叔母宅の農産物は何故あんなに甘かったのだろう。

筍すら甘かった。

美味しかった。

 

例の話は場合によってはさらに悪い方向に進む。

夫となんで的な。

 

 

 

 

https://www.kankyo.metro.tokyo.lg.jp/climate/heat_island/heatstroke

f:id:TokuheiKumagai:20240704092043j:image

 

 

 

 

f:id:TokuheiKumagai:20240704085601j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240704085556j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240704085559j:image

血中酸素96

機械脈83

実測90 不整脈なし 脈早い

体温36.2

血圧100-48

 

血圧低め頻脈 脱水か

次々と

明け方、喘息の軽い発作。ここしばらく湿度の関係か血中酸素が96ぐらいで落ち着いてしまっていたので危ないかなとは思っていた。

メプチンエアで治るけど、動悸が出る。

 

 

朝から落ち込むメール。

私がわるいのか?

嫁やめたくなってくる。

夫とは茶飲み友だちのままの方が良かった気もする。

ご飯作るのは苦じゃないし、友人宅、親戚宅でも頼まれて作るし。

友人の先祖のことも頼まれて調べたことあるし。

 

夫にメールを転送して謝ったけど、本当にうまく対応できない。どうしろと。

 

ヤフオク昭和10年の白日会の冊子が出ている。

義父は会員になっているので年始の挨拶に名が並んでいる。

f:id:TokuheiKumagai:20240703180726j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240703180729j:image

 

8月1日、吉原で『八朔』午後5時より、吉原大門からお練りを予定。

f:id:TokuheiKumagai:20240703095316j:image

 

f:id:TokuheiKumagai:20240703180638j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240703180641j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240703180643j:image

母が生まれ育った名古屋の寺町

固定資産税を払ったあとの夫はしばらく機嫌が悪い。

先月から支払い金額が跳ね上がった介護保険料のことでも色々。もらっている国民年金の3割近くを払うのだから結構大変。

で、都知事選挙だけど2人で悩んでいる。

いっそ棄権したい。

f:id:TokuheiKumagai:20240702163151j:image

 

今、私は寺町に住んでいるが、母は名古屋市東区の寺町で生まれ育った。

元は尾張藩士の家で、母の祖父は維新後に寺町の寺子屋(小学校)で教え、寺町で花屋(飲食もある)を家人に任せ学校の制度が変わった時に熱田神宮門前の紙問屋に勤めた。母の父、母の兄もそこに勤めた。

母方の祖母は恵那の議員の娘で弟も議員だった。祖母は映画が好きで徒歩で映画館に行ける家から縁談があった時に喜んで嫁いだそうだ。

祖母の妹も映画芝居が好きで良く遊びに来ていたそうだ。

 

谷中は母が育った環境に似ていて、私が寺町に嫁いだ不思議を感じることもある。

 

f:id:TokuheiKumagai:20240702105804j:image

f:id:TokuheiKumagai:20240702163119j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240702163116j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240702163114j:image

だるだる 半夏生にはタコ食べるよね

午前、家業の手伝いで根津へ。

夫体調が悪かったけど、夕刻過ぎると食欲も出てホッとする。 

半夏生なので、来客にタコを出したら驚かれた。

夫も知らなかった。

いいじゃん、タコ美味しいし。つうてもタコが高くなっているのでタコのキムチを胡瓜に添えた。

えっと18歳まで暮らしていた明石では多分普通にタコ食べる。

今は祭りまでやっていたりする。

f:id:TokuheiKumagai:20240702201317j:image

夫はタコよりデニーズのパンケーキが好き。

f:id:TokuheiKumagai:20240701213641j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240701213644j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240701213636j:image
f:id:TokuheiKumagai:20240701213638j:image